おすすめリンク

何故フリーランスはファクタリングで弊害を受けやすいのか

ファクタリングなどの資金調達の際にフリーランスは他の業種より弊害を受けやすいのか原因を知っておこう。

借入できなくなる理由とは

お金を貸すことは、慈善事業ではありません。 キャッシングサービス側もきちんと利益を得なければいけないので、返済できる見込みがあるのか判断しています。 この時に安定した収入がなく、返済できないと思われたら審査を通過できず、当然借入もできないと覚えておきましょう。

たくさんの負債を抱えている

すでに他のキャッシングサービスから複数の借り入れをしている時は、審査が厳しくなり審査を落とされる可能性があります。 安定した収入があっても、他の部分に問題があると借入ができないと忘れないでください。 この時は税金の滞納や、奨学金の返済状況も確認されます。

少ない金額を指定しよう

審査を通過できない人は、希望する借入金額が高すぎるのかもしれません。 少ない金額に変更することで、今度は無事に通過できるはずです。 基本的にキャッシングサービスでは、借入金額が高いと審査が厳しくなります。 信頼と実績を積み重ねてから、高い借入金額を指定しましょう。

安定した収入が必須

キャッシングサービスでは、返済できる見込みがある人だけに資金を貸しています。
ですから安定した収入がなくなった人は、貸したお金が戻ってこない可能性があると判断されて、借入ができなくなります。
それでもキャッシングサービスを利用したいのであれば、安定した仕事を見つけてから申し込んでください。

他のキャッシングサービスをすでに利用しており、負債をたくさん抱えている状態の時は審査を通過しにくくなってしまいます。
ですから他のキャッシングサービスの返済が済んでから、新しいキャッシングサービスで借入をするのがおすすめです。
審査を無事に通過するために、事業計画書を作成してください。
これがあれば自分がどのような事業を行っており、何のために資金が必要なのか説明できます。
この部分がわからないと、何の目的もない人だと思われるので審査を落とされるでしょう。
信頼されるために、丁寧に書類を作成することがコツです。

希望する借入金額が高い時も、審査を通過できません。
特にキャッシングサービスでは、総量規制という決まりがあります。
このため年収によって、最大で申し込める借入金額が変わると覚えておきましょう。
最初は社会的な信頼も低いので、少ない借入金額を希望してください。
しっかりと完済したり、事業で実績を出したりすると社会的な信頼が高まり、今後はもう少し高い金額でも審査を通過できると思います。
焦らず、段階を踏みながらキャッシングサービスを使いましょう。